ブライダルで着飾る

ブライダルで身に付ける物


トップ » ブライダルで身に付ける物

ブライダルアクセサリー

結婚式などの挙式で使うブライダルアクセサリーですが、大概はウェディングドレスとセットになって用意されている、イミテーションジュエリーのアクセサリーが使われる事が多いです。結婚式に使われるネックレスは主にイミテーションで、花嫁が着るドレスに合わせたデザインの物が1〜3種類用意されていて、その中から選んで着用するシステムになっています。これはレンタルドレスや購入ドレスで普段そういったジュエリーに慣れていないブライダルの顧客向けに用意されているもので、他にも親や祖母の代に使用した宝石を身につけたいといった場合もあり、身につけるジュエリー基準でドレスのタイプやデザインを選ぶ場合もあります。

花嫁のアクセサリーについて

ブライダルアクセサリーのうち頭部を飾るものには、洋装のウェディングドレスに合わせたティアラ、コームティアラ、クラウン、ボンネ、ヘッドドレス、カチューシャなどと、和装用の髪飾りがあります。ネックレスやチョーカー、そしてイヤリングやピアスは定番のブライダルアクセサリーです。ビスチェタイプのウエディングドレスにはアームレットも素敵です。使用する材質は淡水パール、パールビーズ、スワロフスキークリスタル、チェコクリスタル、ラインストーン、各種ビーズにシルク生地やシルバー素材、そしてシルバーワイヤーなどです。